病棟

前立腺がんは転移する|男性特有の病気がある

男性のみ発症する

	病棟

前立腺がんは前立腺にできる悪性の腫瘍の事です。前立腺は男性のみが持つ臓器で、精子の一部を作っています。栗の実のような形が特徴的で、膀胱の前に位置しています。前立腺がんは前立腺を構成する腺細胞が無秩序な自己増殖を繰り返す事で発生します。原因は諸説ありますが、詳しい事は分かっていないのが実情です。前立腺がんの罹患率は六十代の中盤辺りから増えていきます。その後は加齢と共に上昇カーブを描き続けます。一説によると八十代の男性の約二割が前立腺がんを罹患していると言われていますが、進行スピードが非常に緩やかなので、症状が顕在化する前に寿命を迎えてしまう事も少なくありません。前立腺を持たない女性は罹患しません。

前立腺がんの初期症状は多くありませんが、尿に関連した違和感を持つ事が多いとされています。代表的な症例は尿の切れが悪くなったり、残尿感がある、尿漏れなどです。腫瘍が転移すると血尿や腰痛の症状も出てきます。また前立腺がんの特徴の一つに転移のしやすさがあります。これは前立腺の近くにリンパ節があるからです。しかしながら、前立腺がん自体の進行スピードが非常に緩やかな為、転移前に発見できた場合は、長期間に渡って健康に過ごす事が可能です。罹患者が高齢の場合、転移などの状況が認められない時などは、経過観察で様子を見ると言った処置を取る事もあります。前立腺がんの治療法は外科的治療の他に、ホルモン療法や放射線治療などがあります。

地域のかかりつけ医に相談

	カウンセリング

世田谷区の内科では各家庭がかかりつけ医を持つことをすすめています。かかりつけ医を持てば体調不良の時などにもすぐに診察を受けられる点や総合的な観点から健康状態を診断してくれるなど様々なメリットがあります。まだかかりつけ医を持っていない方は総合病院などの窓口で相談して内科を紹介してもらいましょう。

View Detail

内科で治療しましょう

女性

世田谷の内科では関節リウマチの治療に力を入れています。以前までは外科治療などによる対処療法が主流となっていましたが、最近では抗リウマチ薬や生物学的製剤を使用した治療が中心となっています。これらの治療方は早期に開始すれば関節の破壊や症状の進行を大きく抑えることが可能です。

View Detail

症状を悪化させないために

	看護師

腰痛は放っておくと更に、症状が進行していきます。それにより、痛みが激しさを増し、最悪な状態になってしまう可能性があるのです。このような状態を避けるためにも、きちんと専門病院で治療を行なうことが大切となります。

View Detail